ConTech(建設テック)関連ニュース [2022年10-11月]

ニュース

日本におけるConTech(建設テック)関連のニュース 2022年10-11月分をまとめております。

2022年11月

オープンハウスのDX戦略をまとめた白書が公開(Link
オープンハウスは、DX戦略の現状や今後の施策についてまとめた「DX白書」を公開した。白書では自社開発した統合管理システムやデータドリブンマーケティング、DX専任組織、システム開発体制などを紹介している。

ネットで建設会社の売買が急増(Link
国内の建設投資が伸び悩むなか、M&A(合併・買収)に持続成長の足がかりを求める建設会社や建設コンサルタント会社が急増している。日本M&Aセンターが運営するバトンズでは、2022年に建設業界の事業譲渡案件が400件以上登録されている。

2022年10月

ライバルゼネコン続々導入、竹中工務店の現場監督アプリ(Link
竹中工務店が開発提供する現場監督向けのクラウドサービス「位置プラス」シリーズがライバルゼネコン含めて28社に導入が進んでいる。Bluetoothを活用してGPSが届かない室内において、作業員やレンタル品管理などを安価に可能にした。また高所作業車の予約管理アプリなど現場ニーズにあったシリーズ展開している。